見出し画像

itoma応援宿「磯膳 まえだ苑」の金目鯛をご紹介します【前編】

おひさしぶりです、itoma編集部です!
先日itomaの公式twitterは、こんなツイートをさせていただきました!

金目鯛のしゃぶしゃぶ、みなさまは召し上がったことがありますか?
湯をくぐらせた瞬間に身がきゅっと締まって、コリコリしているけどぷりっと弾力のある半生状態の金目鯛は、ほんとうにほんとうにおいしいのです。

「金目鯛といえば稲取」とも言われるほど、伊豆・稲取産の金目鯛はその質に定評があります。なかでも先程のツイートの通り、金目鯛をしゃぶしゃぶで提供できる施設というのは、鮮度がほんとうに高い証拠。

画像2

今回は、そんな新鮮な金目鯛のしゃぶしゃぶを日本で初めて提供された「磯膳 まえだ苑」様(以下、まえだ苑)の金目鯛についてご紹介したいと思います。

実は先日開催した「#わたしと宿の想い出」キャンペーンで、「食にこだわりたい」を選択された当選者様には、まえだ苑の宿泊券をプレゼントさせていただきました。

金目鯛について

そもそも金目鯛ってどんなお魚か、みなさまはご存知ですか?

金目鯛って、実は、鯛ではないんです!!!!
驚きじゃないですか?金目鯛は、キンメダイ科に属するお魚で、深海魚なんです。普段は水深200m以上の深海を元気に泳いでいるんですって!

私たちが市場やお店で目にする頃には赤い身体をしていますが、ほんとうはシルバーのような少し淡い色みをしているのだそう。

旬は、冬場の12~2月といわれていますが、深海魚であるため1年を通して脂肪分が多いので、味も濃く、いつでもおいしくいただけるんですよ。

こだわりの詰まった、まえだ苑の新鮮な金目鯛

まえだ苑が獲れたて新鮮な金目鯛を仕入れることができる秘密は、ご主人が稲取港の入札権を取得しているからなんです。
「よりおいしいものをご提供できるように」と、ご主人自らが市場で目利きし、直接買い付けを行っています。

お客様が食べて喜んでいるお顔を想像しながら、金目鯛を使った新しい料理を日々考案しているのだそう。

画像2

しゃぶしゃぶに並んで人気のメニューは金目鯛の煮つけです。ホンモノにこだわった金目鯛の煮つけは、みりんを使わずとも照りが美しく、素材本来の旨味を引きだしたお料理です。

鮮やかな見た目に食欲を掻き立てられますね...!

是非一度、まえだ苑の金目鯛をご賞味ください。


【後編】では、まえだ苑のご主人にお話しはお伺いしました。お楽しみ!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
私もスキです!
12
itomaは、特別な旅行体験をつくる宿泊予約サービスです。 あなたの興味や旅行スタイルにぴったりな施設をご紹介します。 itomaの旅館をチェック👉http://bit.ly/36gM9vF

こちらでもピックアップされています

itomagazine
itomagazine
  • 7本

itoma編集部による”旅”に関する有益な情報を発信するマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。